Q12 信者ではないのでキリスト教式に抵抗がある

十字架の前に立つ新郎新婦
しきたり・マナー

幼い頃から、チャペルでの結婚式に憧れがありました。けれど私も彼も、クリスチャンではありません。単にドレスが着たいから、美しいチャペルが素敵だから、という理由だけでキリスト教式を選んでも良いのでしょうか。また、ちゃんと挙式ができるか心配です。

キリスト教というのは必ずしもクリスチャンだけを祝福しているわけではありません。広く万人を祝福し、みんなが幸せな人生を歩めるようにと願っています。日本では「信者ではないのに」という受け手側の気持ちの狭さと、「祝福しますよ」という送り手の気持ちの大きさとに、まだまだギャップがあるのだなと感じることが多いです。

きっかけがウエディングドレスを着たい

きっかけがウエディング・ドレスを着たい、素敵なチャペルに憧れているからだとしても、悩む必要はありません。司式をしてくださる牧師先生は「これを機に信者になってもらいたい」と強制もしません。ただ、「知らないままの人生よりも知った方が豊かでしょう?」というような考え方から、結婚式を通して少しでもキリスト教に親しみを感じてくれたり、興味を持ってくれたら嬉しいと思っていらっしゃいます。なので信者ではないからと考えずに憧れがあるならキリスト教式を選んでください。

キリスト教式のアドバイス

おふたりの挙式をキリスト教式にされるのでしたらいくつかアドバイスを。「ヴァージン・ロードを父親と歩くのが夢」という人も多いと思います。しかし実はこれらを含んで式次第に決まり事というのは一切ありません。だって式次第はすべて後付けで、イエス・キリストが「こうしなさい」と言ったわけではないのですから。だからヴァージン・ロードは父親に限らず、あなたがいちばん納得する人と共に、またはあなたひとりで歩いてもいいのです。

指輪の交換も、フェイスベールをどこで上げるかも、そんなに重要ではありません。結婚式で大切なこと、それはひとえに「誓約」です。神さまの前で永遠の愛を誓うこと。それこそが要なのです。本当はふたり自身の言葉で誓い合えたら素晴らしいのですが、緊張もあってそれは難しいでしょう。ですから牧師先生の問いかけに「はい、誓います」と、しっかりと答えてください。

聖書の言葉はふたりの糧に

また、キリスト教式では聖書の朗読と祈祷も行われます。聖書には結婚式に相応しい章がいくつかあり、司式をされる牧師先生の考えで朗読の箇所が選択されます。できれば聖書の第何節を読んでいただいたかを覚えておいてほしいと思います。すると将来、聖書を紐解いたときに「ここに私たちの結婚式の日の言葉がある!」と初心を思い出すことができ、その言葉はふたりの糧になります。

祈祷はふたりの手を重ねた上に牧師先生がストールを置き、その上にご自分の手を置かれて行われます。その時二人だけに聴こえる小さな声で、短くお話をされる先生もいらっしゃいます。それは「これからふたりで頑張りなさい」というような、本当に親身で温かいエール。その後、晴れて夫婦となったことを参列者に宣言されます。

挙式中の動き

リハーサルでは、「新郎は祭壇の前に立ち、3歩ほど迎えにいきます。お父さまはお嬢さまの手を離してください。新郎はお父さまと握手してください」など。一連の流れを淡々と説明されるかもしれません。けれど「進行どおり、間違えないようにうまくやろう」とか、そんなことで頭をガチガチにしないでください。式次第に合わせた動きに正解があるわけではありません。また参列者が動きを知っているわけでもありません。 近くにいる挙式スタッフがしっかりとサポートをするので、「ふたりが神さまの前で愛を誓う」その1点に集中してほしいと思います。

イラスト tocco

この方にお聞きしました。安部トシ子さん

安部トシ子

【プロフィール】1983年、南青山にウエディング・プロデュース会社㈱オフィース・マリアージュを設立。花嫁さんにとって結婚式が人生の宝物となるよう39年間サポートし続けているウエディング・プロデューサーの草分け的存在。各種講演やブライダル誌での監修や執筆など幅広く活躍。『25ansウエディング』では35年間花嫁の多様な質問、悩みに答えている。
《書籍紹介》
著書 「安部トシ子の結婚のバイブル」(発行 アシェット婦人画報社、「いい結婚式ってなんだろう」(発行 エイジェイ出版)
監修「育ちが良いと思われる50の習慣」(発行 宝島社)、「大事なところをきちんと押さえる結婚の段取りとしきた(発行 マイナビ) 他

花嫁相談 編集部

花嫁相談 編集部 現役プランナーで構成する花嫁相談編集部。結婚準備を楽しく悩みの解決に役立てていただける記事を配信しています。 ここに無い質問やご相談はお気...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧