Report

ご相談レポート

結婚式に乗り気じゃない彼

「どうも彼が結婚式に乗り気ではないみたいで・・・」というお悩みからお問合せをくださったお客様。実は、こう思っているかたがとても多いのです。
プロポーズをされて、両家の顔合わせも済み、次は結婚式の準備!と思っていたけど、ここからなかなか進まない状況。会場探しも迷宮入り状態。ということでした。
まずは、お二人で花嫁相談室にお越しいただきお話をすることになりました。

世間話をしながら、ご新郎の結婚式に対する考えを引き出すと。
・結婚式と言われても、よくわからないから戸惑う
・恥ずかしいと思う気持ちが先にたつ。
「みんなの前で目立つのがいやだ」「ひやかされるのがいやだ」
・今まで出た結婚式で良いイメージがない

花嫁相談室を運営している㈱オフィース・マリアージュ代表の安部がブログでも
お答えしていること「先に結婚式のメリットを、ご新郎に、きちんと話しをしてみましょう!」
挙式、そして披露宴をすると、お互いのパートナーをお互いの友人知人に、一斉に紹介することができ、そしてふたりがどんな生き方を目指しているのかを公にすることにより、自分たちの人生に目標を立てられます。結婚式は必ずやらなければならないというものではありませんが、新しく人生をスタートするふたりに「けじめと社会参加」の自覚があったほうが、この先の人生は生きていきやすくなります。
そして、最近の新郎新婦に多いコメント「結婚式でお招きしたゲストに、きちんと感謝の気持ちを伝えたい」を伝え、少しご納得をいただいたご新郎
さらに・・・
目立ちたくないのなら、目立たない工夫をすることはいくらでも可能と伝えました。
照明を落とした会場でスポットライトが当たるなか、ふたりが音楽とともに華々しく登場するような演出だけが披露宴ではないこともお伝え。
また、打ち合わせは面倒だと感じ、それがネックになっている場合もあるので、結婚式のどの準備がいやなのか、何がイメージできないのかを、ちゃんと聞いて、
絶対に二人一緒でないと打合せができない訳ではない。など詳しくお話したところ
やっとスッキリしていただけたご様子。

それから、お二人の結婚式に対するご要望を伺い、会場探しのスタート。
たくさんの会話の中から出てきたキーワード「美味しいお料理でおもてなしをしたい」を
コンセプトに、一軒家のレストランでご親族中心の人前式&会食を行うことになりました。
 

結婚準備はスッキリとした気分で楽しく過ごせたほうが良いですよね